相続対策について


税理士に相続相談をすることによって、相続対策をしてもらうことができるでしょう。

税理士たとえば税務調査の対策について考えてくれます。相続をしたあとには税務署が税務調査をすることがあるのです。そこで質問されたことについて適切に答えることができなければ、さまざまな疑いをかけられてしまうでしょう。たとえば生前に不動産経営をしていて多くの収入を得ていたのに、申告した預貯金の額が少ないと疑われてしまうことがあります。

もちろん、税務調査ではきちんと質問に答えることができるならば問題ありません。さまざまな事情があるでしょう。それらを包み隠さずすべて話すのです。その際には税理士に相談をしておくと、どのように税務署の方とやり取りをすれば良いのかアドバイスしてくれるでしょう。必要であれば、いろいろな手を打ってくれるでしょう。

また、相続が発生する前に相談をしておくこともできます。本人が生きている間に税理士に相談をすることによって、できるだけ税負担を抑えて多くの財産を相続人に分配することが可能なのです。早めに相談をしておくと税理士はベストなプランを提案できるようになるのです。

ただし、税理士に相談をする際には、相続について詳しい人に頼むようにしましょう。税理士にもそれぞれ専門分野があるのです。